カリタス南相馬

カリタス南相馬へようこそ

ごあいさつ

日頃から、カリタス南相馬の活動にご理解ご協力くださいましてありがとうございます。
カリタス南相馬の前身であるカリタス原町ベースは、2012年6月1日、福島県南相馬市原町区青葉町で始まりました。設置主体は宗教法人カトリック東京大司教区・カトリック東京ボランティアセンターで、東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故の復興支援ボランティア活動の拠点としてこのベースは開設されました。2016年12月17日にはカトリック原町教会・さゆり幼稚園と同じ敷地の現在地(同区橋本町)に移転し、名称を「カリタス南相馬」と改めました。
この間、多くの方々が「カリタス」をご利用くださり、ボランティア活動をしたり、現地の状況を学んでいってくださいました。またさまざまな活動をとおして、カリタスと地域の方々との交流も深まってきました。
この度、「一般社団法人 カリタス南相馬」の設立社員総会を開催し、登記も完了することができました。一般社団法人となったのは、これからも長く、そして、これまで以上に地域の方々とともに歩んでいくためです。福島第一原発から北へ25km、同じ敷地にあるカトリック原町教会やさゆり幼稚園と共に、地域の諸団体との協力・連携のもとで、これからも人間の復興・こころの復興のために働かせていただく所存です。
今後とも、皆様のご理解ご協力をお願い申し上げます。

2019年5月31日

一般社団法人 カリタス南相馬
代表理事 幸田和生(カトリック司教)
所長 畠中千秋